トップページ » 床暖房のQ&A » 床暖房と他の暖房方式とはどこが違うの?
   床暖房と他の暖房方式とはどこが違うの?
床暖房と他の暖房方式とはどこが違うの?
●エアコン(対流)

空気の対流によって熟が伝達されます。室内の天井面近くに暖気流(温度むら)ができ、上下温度差が生じやすいことがいちばんの問題です。この空気を暖めた暖気を強制的に送風するため、温風が直接体にあたったリ、風でほこりが舞う、送風音が耳障りなどの不快感が有ります。エアコン暖房経験者の多くが、足もとが暖まらない不満を訴えています。

●ストーブ(輻射・対流)

赤線(可視光線)、赤外線、遠赤外線をすべて福射する暖房方式です。遠赤外線以外の輻射熟は、熱さや痛さを感じる神経も刺激し、「ほてり」を感じます。また長時間あたり続けることは出来ません。ストーブの近くは暑く、遠くは寒いのでお部屋全体を快適空間には出来ません。ストーブの近くの空気を暖め、対流もおこりますが、お部屋の上下温度差が生じることはエアコンと同じです。

●ホットカーペット(伝導>輻射)

「触ってあったかい暖房器具」が基本設計となっています。輻射熟も多少は発生しますが、部屋全体を暖める能力はありません。布団をかけてコタツ代わりにしている方がいますが、コタツと同様、局部的な採暖具の能力しかないことを示しています。また断熱設計がされていませんので熟漏れが多く、意外と消費電力が大きいことが、「電気床暖房と同じ能力がある」という錯覚を起こします。基本的には補助暖房ですので、冬季には他の暖房器具と組み合わせて使用します。

●床暖房(輻射>伝導)

「輻射によって室内全体を暖める暖房設備」ですので、温度むらがほとんど生じないのが特長。天井が高い場所(吹き抜けなど)でも暖房効果は変わりません。また輻射の中心は長波長の赤外線、遠赤外線ですので、ほてりのないソフトな温感です。       室内温度分布は床近傍がもっとも高いため(対流式と上下さかさま)、スリッパや靴をはいていても足元は寒くありません。床に触れている面は直接熟が伝導するので、より早く暖房効果が得られます。                                              「室内が均一の暖かさになる」という点が快適さのポイントであり、床暖房の最も特徴的な点です。輻射効果により室温は18℃程度で十分に快適です。

塗料のお問い合わせ
床暖房のお問い合わせ
その他のお問い合わせ

ダイイチ 株式会社

〒 693-0002
島根県出雲市今市町
 北本町5-1-6  [地図]
TEL:(0853) 22-5400(代表)
FAX:(0853) 24-2145

ページの先頭へ戻る